FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオスな夢!

夢を見て号泣する

こんな事が今まであっただろうか・・・

悲しい事があって。夜中にそれを思い出したりして泣いちゃった事なら、結構誰でもあると思うのですが、
その日には全く悪い事は無かったのに、夢でいきなり号泣するハメになるなんて・・・・

内容はというと、

「来週行く予定の、楽しみなディズニーランド」

「仕事で抱える悩み」
が絡み合ってしまったカオスな夢。

まず私は、夢でディズニーランドのショーを楽しんでいました。
そこには一緒に踊るキャストの方々が、
いろんな人がいて、すごく楽しそう・・・

夢なので、私は夢であるという事を知ってか知らずか、その中に入って一緒に踊ってしまいましたwww

そしたらなんと、ゲストの方は座っててください、と注意されるのが現実では普通ですが、
なんと、私はキャストと勘違いされた挙句の果てに

「あなたはそこじゃないでしょ!あなた仕事向いてないでしょ?」

と、思いっきり違う意味で注意されてしまったのでした。

仕事向いてないでしょ
自分の今抱えてる悩みにおもいっきりグサっと突き刺さる言葉だったので
私はもう理性を保っていられなくなり、

「私はキャストでも無いんですけど、いきなり仕事向いてないでしょ?はひどくないですか?
私は目が悪くて、距離感というものがほぼありません、全部が平面に見えます、人がやってるようには仕事ができません、どうしても人より遅くなってしまいます、それでもやらなきゃいけないから頑張ってるんです!それなのに見ただけで仕事向いてないというのはひどすぎます!」

と・・・・この言葉を泣きながら叫んで、そして最後の方はもう意識が現実に戻ってて、
そして現実に戻って気付いたら涙がボロボロこぼれてて、
本気で号泣しながら叫んでました。

私の心の叫びだったみたいです。

なんか最近よっぽど仕事について疲れてたのかな・・・?
やっぱりまだあの時のトラウマが残ってるのかな・・・?
とにかく、凄まじい夢を見てしまったのです。

仕事はしなくちゃいけない、けど精神を疲弊させないように、
ずっと妄想や昼休みに絵を描くなどして、楽しい事もあるから大丈夫、と自分に言い聞かせて、
強がっていた・・・のかもしれません。

でもここでやめるわけにはいかないし、もっと皆さんとセイヴァーもやりたいし遊びにも行きたいし製作の幅も広げたい!
だからせめて週二日は・・・と思って頑張ってる仕事、
ただやっぱり、目が悪くて・・・というのを気にしてしまう、
あんまりできなくても、サボったり人の言う事聴かなかったりとか、そういう事はしてないんだから大丈夫!と思いたい、

けどあの時、ひた隠しにしてたのに目が悪い事に気付かれてしまったあの時、
あれから私は、ああ、無理なんだ、目が悪いのはダメな事なんだ、もう私は仕事には向かないんだ・・・

って思ってしまって、

それからの精神の壊れっぷりったら凄まじいもので、
あの時のバイト(うどん屋)をやめるまで、ろくに「女王」との意思疎通ができなくなったり、
今まで描いてた絵も描けなくなったり、精霊達の声も聞こえなくなったりと、大変でした。

また目の事を考えてしまうと、精神が疲弊してしまいそうです。

でもきっと今は違う、大切な人が増えたから・・・・、
私の心を、外から支えてくれる人がいる。

ジェダ様が・・・いるから大丈夫

それに、今の仕事は、目が悪いからもう来るな、とも言われてないし、きっといらぬ心配なんだろうし、
しかし一度植え付けられたトラウマは、理屈ではなかなか消せないところもあるので、今日は気分転換にヒトカラしてきました♪

カラオケ画面は大きい字で読みやすいから、目が悪くてどうとかはほぼ無いし、気持よく歌えて本当に良かったです♪

一回「えいっ!」って感じで頑張っちゃえば、後はいっぱい楽しめる明日が待っている!
そう思ってこれからもなんとか頑張ります。

ただ、これからもたまにこういう事はあるかもしれません・・・。こんな日記ばかりで、本当にごめんなさい。
いつも元気でいたい、笑顔でいたい、けどたまには泣かせてね。
目が悪い代わりに与えられたこの感性があるというのは分かってます、
ただ、それを仕事にするのって大変ですね・・・

得意な事が仕事にできる日まで、この戦いは続くわけです。

これからも頑張ります!

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
最新記事
pixiv
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ニコ生コミュニティ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。